LINEの返事がこない!再連絡までのベストな期間の空け方

好きな人からLINEやメールの返事がこなかった場合、とても不安になりますよね。
相手に返せない事情があるのか、もしかしたら嫌われてしまったのか…。悩んでも答えは出ません。
どれくらい待てば良いのか、再連絡しても良いのか、悩んでいる人は多いでしょう。

そこで、相手の女性との親密さ毎の、再連絡しても良いと思われる期間をまとめてみました。

1.知り合って間もない場合……3週間~1カ月程度空ける

知り合って間もない相手から連絡が来ない、というのは少なくとも今の段階では興味をあまり持たれていない可能性が高いです。なぜなら、そこまで深くない間柄の場合、失礼があってはいけないときちんと返す場合のほうが多いからです。
この状態で再連絡を一方的にしてしまうと、相手から気持ち悪がられてしまいがちです。最低でも3週間~1ヶ月は空け、二人の間の空気感をリフレッシュしましょう。

2.交際前の関係の場合……普段のやりとりの「2倍以上」の期間空ける

交際前で、デートを重ねている、或いはLINEのやり取りをある程度行っている場合は、やり取りの「2倍以上」の期間空けることをオススメします。たとえば毎日している間柄の場合、2~3日空けてみるといった感じです。これが週1ペースの間柄なら2週間は空けましょう。そうすることで、相手が返しにくい状況を察していることが伝わりますし、相手も急かされている感覚を持ちにくいです。
少し間を空けて、落ち着いたトーンで話を再開するのが良いでしょう。

3.交際中の場合……二人の関係による

交際中の場合、二人の関係の状態によります。良好な関係で返事が来ていない場合、タイミングは特に気にしなくて大丈夫です。単に忙しいか、忘れているだけの可能性が高いです。いつも自分から連絡してばかり、と悩んでいる場合は、相手とのバランスを保つためにも自分からの連絡を減らしてみると良いでしょう。そうすることで逆に相手から来るようになるかもしれません。
関係が険悪な場合、最低1ヶ月は自分からの連絡は避けてみましょう。互いに自分の気持を考えたり、相手を思いやる充電期間を作ることのほうが、会話をするより良い場合があります。

4.復縁希望の場合……別れて3カ月〜半年以上は空ける

特に相手にフラれた場合、すぐにでも連絡を取りたくなる人は多いです。しかし相手の気持ちは整理出来ておらず、別れた直後の気持ちを引きずったままの状態であることが多いです。最低でも3ヶ月以上、できれば半年は連絡しない期間をもうけましょう。「やっぱり無理」というような結論を再びもらってしまっては、二度と復縁できなくなるかもしれません。しばらく経つと互いに寂しくなることもありますので、その期間を作ることが最も大切です。

大切なことは、相手に重く受け止められないことです。相手と自分との思いのバランスが崩れてしまうと、相手は一気に引いてしまうことがあります。そういった場合はあえて連絡しないことのほうが効果的なことも多々あることを知っておくとよいでしょう。