Pairs(ペアーズ)でマッチングした相手と会うまでの流れと方法

Pairs(ペアーズ)をご利用されている方のなかで、なかなか直接会って話をするまで至らず、どうすれば会えるのか悩んでいる方は少なくありません。
或いはPairsはおろか婚活アプリそのものを始めたばかりで、どうすれば会うところまでもっていけるのか、自信がない方もいらっしゃいます。

そこで今回、Pairsでどうすればマッチングした意中の女性と直接会うことができるのか、まとめました。

Pairs(ペアーズ)でマッチングした意中の女性と直接会う方法

最も大切なこと、それは相手の警戒心を解くことです。
これは本来、男性女性関係なく大切なことなのですが、特に男性側からすると相手に「ヤリもく」なのではないかと思われたら、一向に会ってもらえません。或いは、ストーカー気質なのではないか、面倒な人なのではないかと警戒されてしまうと、会ってもいない状態でその警戒心を解くのは至難の業です。
だからこそ、会うという行動はとても自然な流れで出てこなければなりません。

警戒心を解き会うまでの自然な流れを作る

本来、警戒心を解くことは、特になにかをせずとも相手に自然と伝わるものです。
しかし、直接会っているわけでも、そこまで長い期間コミュニケーションをとるわけにもいかない二人の間では、一定期間で警戒心を解くことを自ら進んで行っていく必要があります。
そのためにまず最も大切で気を配る必要があるのが、あなたの誠実さをしっかりとアピールする姿勢です。

文章だけでは本来のあなたの内面を知ることは難しいです。
だからこそ、一言一句に目を通し、必要以上に誠実な態度を心がけましょう。

また、すぐに会おうとするのもNGです。
誠実さが大事な訳ですから、チャラい行動、言動はすぐに相手に伝わります。そのような状況で、仮にあなたが魅力的であっても、相手は会いたいとは思いません。会話のなかで近所であることをにおわせたり、休みなどスケジュールが合うことを伝えるのも厳禁です。聞く事自体は問題ないのですが、暗に会いたいということが見え隠れすると、女性は一気に引いてしまいます。

会うことを相手にイメージさせる

誠実さを相手に伝えたところで、会話のなかで会う方向へ進めやすいのが「好きな食べ物」「好きなお酒」といった飲食の話題です。飲食の話題は最もオーソドックスであり、会う最大の理由になります。
ある程度会話が弾んだところで飲食の話をし、相手が乗っかってきたことを察したら、具体的にお店の名前を出すなどして、誘ってみると良いでしょう。その段階で生活スケジュールや出て来やすい場所など、いろいろ断定できる具体的な話をすると良いです。
逆に飲食の話題から誘いまでの流れのなかで、相手の食いつきが悪いときは、縁がなかったと言えます。

連絡先は無理に聞かない

まだ会ってもいないにも関わらず、無理にLINEやメールアドレスなどを聞こうとすると、再び一気に警戒心は高まります。Pairs内でも連絡は取れるので、日付や集合場所などを決めるまでは無理に連絡先を聞かないほうが無難です。決まった後であくまで自然な流れとして「こっちのほうが頻繁に連絡取りやすい」などの理由から、聞き出すのが良いでしょう。

初心者ぶるのも手

Pairsを始めたばかりでPairsの使いこなし方が分からない、という設定で使えば、実はいろんなことが解決する場合があります。本当に初心者であれば、それは包み隠さず伝えたほうが好感度アップです。会いたいことを素直に伝えても「慣れていない体」で相手に嫌な印象を与えにくいです。

いかがでしょうか。特に個人情報や生活サイクルといった断定しやすい情報を聞こうとする態度、すぐに会おうとする身勝手な行動は、相手の警戒心を一気に高めます。女性は特に会話が好きな人が多いので、会話のなかで自然と盛り込んでいくことが大切です。


Pairsにまだ入会していない方はこちら!



また、すでにPairsをご利用されている方は、メンタリストDaiGoが監修している恋愛・婚活マッチングアプリ「with(ウィズ)」もオススメです!



どちらも会員登録は無料ですよ!